駄文同盟.comで検索する(ここからサイト情報を検索するとスムーズに投稿フォームへいけます)
search  

ショートカットメニュー 新着サイト更新サイトおすすめサイト提供者様サイトサイト宣伝掲示板各種最新ランキングマイリンク新規登録詳細検索ヘルプ

ページインフォメーション
ホーム → [加盟サイト掲示板] (現在地)
↓ 新規登録するには? ↓ 今日の駄文同盟.com spacer

この掲示板では駄文同盟.comの登録者さんがご自分のサイトを宣伝することが出来ます(イラスト・画像投稿可能)。記事の投稿はサイトの更新/削除のページからのみ行えます(詳しくは備考を参照してください)。

ページインフォメーション
データ

掲示板記事 駄文同盟.com加盟サイトさんの書き込み記事です

記事#:46682 投稿日時:12月25日 22時44分 投稿者:万葉樹(よろずは いつき)(陽出る処の書紀 第弐版) 28KB
題名:★姫神の巫女二次創作小説「さくらんぼキッスは尊い」第十二話 更新★(2020.12.26)

本文: 第 十二 話: わたしはあなたの貝になりたい(最終話) を更新

「巻貝ってね、種にもよるけれど、ほとんどが右巻きなんだよ。左右が鏡像でどちらも等しくあるって思われていたけれど、そうじゃないんだって。でね、千華音ちゃんがくれたのは、左巻きの貝。すごく珍しいものなんだよ」
「そうなの…? 媛子の髪の色に似てるから、きれいだと思って、拾っただけで…」
「千華音ちゃんは、もし私が神さまの供物になって昇天しても、どこかにわたしを見つけてくれるんだね」

********
御霊鎮めの儀を前に、お泊り経験もした媛子と千華音に訪れた、とあるささやかな異変。直筆サイン色紙応募を機に書いた、姫神の巫女二次創作小説第一弾。

投稿者:万葉樹(よろずは いつき)さん サイト名:陽出る処の書紀 第弐版(サイトID:19690)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46681 投稿日時:12月25日 00時23分 投稿者:あきつ(月夜の猫-BL小説です) 883KB
題名:ほんの少し届かない

本文: ほんの少し届かない BL小説 (工藤×良太)
のぞいてみてください。
https://www.tsukiyononeko.com/kr/hon/

投稿者:あきつさん サイト名:月夜の猫-BL小説です(サイトID:16476)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46680 投稿日時:12月24日 17時09分 投稿者:nattsun(Lucidity) 223KB
題名:イラストup

本文: クリスマスなイラストアップしました

投稿者:nattsunさん サイト名:Lucidity(サイトID:19716)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46679 投稿日時:12月21日 18時02分 画像 ナシ
題名:奪還屋 二次創作長編小説 第二弾 第一部 更新しました。

本文: 「・・・ッ銀ちゃんと雷ちゃん、MAKUBEXクンと来栖サン、みんな大丈夫かなぁ・・・っっっ」
 高等部 特別選抜科 2年Ω組の教室、1時限目の数学の授業の最中。
 ふと思い出したかの様に、小さく嘆息したのは、長期夏季休暇前に諸事情で、このクラスへ編入する事になった1人こと水城 夏実。

 彼女のすぐ左隣を指定席とする刹那と、その後ろの席に座る那智が。夏実の言葉を聞き咎め、2人揃って表情を曇らせた。

******************************

GetBackers二次創作長編小説 第二弾『光の檻』、第一部 新学期 第七章 第一話 〜相談〜UP。

全年齢向け・健全描写。奪還屋メンバー(夏実)に台詞あり。

和装の<御前>殿の鶴の一声で、殆ど強制的に無期限長期入院の措置が取られた不良外科医と、彼の精神状態や洗脳状態を案じて、学生や教職員ではない事を口実に、病室へ居座る家族や奪還屋メンバー。
一方、運悪く学業に縛られる『登校組』のうち、高等部 特別選抜科1年生の瑠偉と神威、同じく高等部 特別選抜科2年生の刹那と那智・夏実と卑弥呼と夜半達は、それぞれ授業を受けつつ、今後の対応に頭を悩ませて――?

投稿者:桜樹(おうじゅ)さん サイト名:桜並木(サイトID:13050)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46678 投稿日時:12月20日 13時11分 画像 ナシ
題名:ナムクシャ小説を更新しました。

本文: 2019年10月14日に発行した同人誌の書き下ろしを「幕間」として再録し、第7話〜第9話を加筆修正しました。

書下ろしはアスナウ派の方々ごめんなさいな内容です。

投稿者:鰹節さん サイト名:誰そ彼(サイトID:19592)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46677 投稿日時:12月20日 02時46分 画像 ナシ
題名:新作upしました

本文: ハイキュー クロ研 R18小説「飴玉転がし」upしました。

投稿者:藤田貴理さん サイト名:奏想館-sousoukan-(サイトID:1681)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46676 投稿日時:12月19日 09時54分 投稿者:もきゅ(4E201) 387KB
題名:4E201 更新しました

本文: 失われたタムリエルの物語 新話をアップしました〜(*゚▽゚)ノ
chapter 2-32 境界の向こう
http://4e201.blog.fc2.com
ドゾ、お楽しみください(*''▽'')

投稿者:もきゅさん サイト名:4E201(サイトID:19889)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46675 投稿日時:12月19日 00時07分 投稿者:久保山佐吉(なし。) 25KB
題名:新刊告知&動画UP

本文: 12/25発行の二次創作同人誌『この本はリョウ×Rdeath』の告知、宣伝動画をアップしました。

投稿者:久保山佐吉さん サイト名:なし。(サイトID:19863)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46674 投稿日時:12月19日 00時04分 画像 ナシ
題名:奪還屋 二次創作長編小説 第二弾 第一部 更新しました。

本文: 「――何で、他の連中まで来ちまってると判ってるクセに、態々バラしやがるんだ?そもそも、大した事じゃねェって、何度も説明しただろうが、クソ親父・・・」
「玲皇サン!?じゃあ、時雨サンが教えてくれた事は、やっぱり本当なのッ!?俺達が今日来るまでの間、何度も悪夢に魘されてた、って・・・っっっ」
 酷く苛立たし気な舌打ちを響かせる不良外科医の発言を受け、色めき立つ一同を代表する様に、銀次が顔色を変える。

******************************

GetBackers二次創作長編小説 第二弾『光の檻』、第一部 新学期 第七章 序 〜異見〜UP。
全年齢向け・健全描写。奪還屋メンバー(銀次)に台詞あり。

入院騒動から一夜明け、不良外科医を案じて、登校前に様子を見に来た一同。
病室を訪れた家族や奪還屋メンバー達の前で、『入院患者』の不良外科医と、病室に唯一泊まり込んだ和装の<御前>殿が、親子で目隠しチェスに興じていて――?

投稿者:桜樹(おうじゅ)さん サイト名:桜並木(サイトID:13050)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46673 投稿日時:12月14日 22時57分 画像 ナシ
題名:奪還屋 二次創作長編小説 第二弾 第一部 更新しました。

本文: 「玲皇が副業としている、高等部 特別選抜科の関連業務は、そもそも無賃労働でもなければ、予め本業の医療業務の給料と合算されている訳ではない。――元から全く異なる業種なのだから、当然それぞれ異なる預金口座へ、別個に支払っている」
「・・・『支払っている』って、あれ?玲皇サンの給料の出処とか、原資とかって・・・」
 自らの失言を恥じる様に頭を抱えた次男坊を、呆れた様子で眺めながら、波児が発した問いに、淡々と答える時雨。
 その言葉尻を聞き咎め、今度は紫苑が首を傾げる。

******************************

GetBackers二次創作長編小説 第二弾『光の檻』、第一部 新学期 幕間6 〜禁戒〜UP。

全年齢向け、健全描写。
奪還屋メンバー(波児、デル・カイザー)に台詞あり。

敵対勢力から脅迫紛いの呼び出しを受け、内心の動揺を押し殺しながら、検査入院を口実とした隔離先の病室から離れようとする不良外科医。
彼に取っては不運な事に、他の家族や奪還屋メンバーの一部も病室内に居合わせていた事で、病室から抜け出す事さえ出来ない様に制止され――。

投稿者:桜樹(おうじゅ)さん サイト名:桜並木(サイトID:13050)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr

↑ このページの上部へ

記事削除投稿者が記事を削除することが出来ます

記事#  削除キー

備考

  • 記事を投稿するには……駄文同盟.comにサイトを登録している方のみ記事の投稿が可能です。あなたがサイトをお持ちでない場合/サイトを登録していない場合は投稿することが出来ません。
  • 記事を投稿する方法は……サイト情報の更新/削除と同じページにある投稿フォームより記事を投稿することが出来ます。よって投稿するには登録時のパスワードが必要となります(更新と同じ手順/参照:更新するには?)。
  • 記事を削除するには……上記の記事削除フォームより削除を行うことが出来ます。編集は行えませんので、記事を訂正したい場合は当該の記事を消したのち再度投稿しなおしてください。
  • それぞれの記事で投稿された文章及び画像は……投稿者にその著作権と使用方針があるものとし、無断で使用することを禁じます。