駄文同盟.comで検索する(ここからサイト情報を検索するとスムーズに投稿フォームへいけます)
search  

ショートカットメニュー 新着サイト更新サイトおすすめサイト提供者様サイトサイト宣伝掲示板各種最新ランキングマイリンク新規登録詳細検索ヘルプ

ページインフォメーション
ホーム → [加盟サイト掲示板] (現在地)
↓ 新規登録するには? ↓ 今日の駄文同盟.com spacer

この掲示板では駄文同盟.comの登録者さんがご自分のサイトを宣伝することが出来ます(イラスト・画像投稿可能)。記事の投稿はサイトの更新/削除のページからのみ行えます(詳しくは備考を参照してください)。

ページインフォメーション
データ

掲示板記事 駄文同盟.com加盟サイトさんの書き込み記事です

記事#:46159 投稿日時:10月22日 18時26分 投稿者:ニ 一五(赤い雨の降る街) 25KB
題名:マンガ修正

本文: 二話目増ページ加筆修正です

投稿者:ニ 一五さん サイト名:赤い雨の降る街(サイトID:19770)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46158 投稿日時:10月20日 11時32分 画像 ナシ
題名:連載中 「エディンスター輝譚 〜見習い巫女から聖巫女へ…想いのあとさき〜」

本文: ファンタジー小説[恋愛FT・異世界FT・ハイFT・シリアス]
サイト内の「小説作品」案内リンクからどうぞ。(小説家になろうを利用中)
https://kotonohanoiro.amebaownd.com/pages/3302537/page_201910141706

※序章〜第一章まで公開

■あらすじ■
 大神殿で過ごす見習い巫女クレア。
 彼女が在る世界エディンスターは、神々の力を秘める天地の神珠を身の内に宿す聖巫女の祈りによって、魔による災禍から守護されてきた。
 次代の聖巫女となる日が近づいてきたクレアは、心にある切なさをどうにもできずにいた。幼なじみローランドへの想い故に。
 今や守護騎士の一人たるローランドへの恋心も何もかも、聖巫女となる神迎えの儀を経れば忘れ去ってしまうのが運命だったからだ。
 彼女の側に在るべき精霊ユリエルは、癒しの力で彼女のざわめく心を和らげようとしてくれた。
 そんな中、ついに、新たな聖巫女となるために神々の館に発つ日が到来する……。

投稿者:倉本梨央さん サイト名:ことのはの色(サイトID:19777)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46157 投稿日時:10月20日 11時26分 画像 ナシ
題名:完結済 「光の姫リディア 〜輝ける想いを抱いて〜」

本文: ファンタジー小説[恋愛FT・異世界FT・ハイFT・シリアス]サイト内の「小説作品」案内リンクからどうぞ。(小説家になろうを利用中)
https://kotonohanoiro.amebaownd.com/pages/3302537/page_201910141706

※序・第一〜十四・終章

■あらすじ■
 光の聖王を父にもつ光の姫リディアは、強大な光の神力を自在に扱えない我が身を憂いていた。
 ある日、リディアは精霊乙女であった亡き母を夢に見る。だが、その夢は、己を呼ぶ不気味な声によって失せた。
 うなされていたリディアを起こしたのは、幼なじみである炎の公子アレンだ。朗らかに笑むアレンの存在は、リディアの不安と憂いを和らげてくれる。
 やがて、父の友でアレンの伯父たる炎の大公が、リディアが父と共に在る聖宮殿を久々に訪れた。
 そんな和やかな聖宮殿の上空に不審な翼影が出没し、父は重傷を負ってしまう。魔が巣くう闇の地へ赴いて落命した父の姉王のように、再び聖王が喪われることはあってはならない。
 にもかかわらず、更に恐るべき状況に向かっていた。聖宮殿に闇なる魔の気配が漂い始めたのである。

投稿者:倉本梨央さん サイト名:ことのはの色(サイトID:19777)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46156 投稿日時:10月20日 09時55分 画像 ナシ
題名:★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」第一話 更新★★

本文: 第 一 話: 落日の巫女ふたり を更新しました。

その漆黒の髪を束ねた少女・千歌音は、先をいく陽のいろの髪の少女の紅紐をひたすら見つめている。
ひとつ結びのその大きな真紅の蝶がいつなんどき、こちらを振り返ってくれないかとひそかに胸ときめかせながら。その人はいつもおなじものを飽かずに着けている。紅い組紐はほのかに透かしがあって、夕暮れどきの陽光が跳ねかえるたびに繊細な影がうつろう。それが妙なる翅をひらひらさせた生き物に思われてならないのだ。幼い少女はそれがおもしろく、後ろから捕まえようとして姫子に抱きついたものだった。

(「創作小説ご案内」→「神無月の巫女二次創作小説(其の一)」→「禁色の圃(ほ)」)

********

神無月の巫女生誕15周年企画。 
いつか、どこかの、姫子と千歌音、前世の巫女ふたりのお話。
神無月の巫女二次創作小説第三弾(2008年公開作「太陽と稲穂の或る風景」)の増補改訂版。

投稿者:万葉樹(よろずは いつき)さん サイト名:陽出る処の書紀 第弐版(サイトID:19690)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46155 投稿日時:10月19日 22時57分 投稿者:佐鳥ゆきは(鳥小屋) 65KB
題名:イラスト更新

本文: ギャラリーにオリジナルを1枚。ブログでは色んなジャンルの推しキャラを並べる落書きをちまちまと。

投稿者:佐鳥ゆきはさん サイト名:鳥小屋(サイトID:16944)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46154 投稿日時:10月19日 22時36分 画像 ナシ
題名:ナムクシャ小説「第十一話 諦念」更新

本文: ナムクシャ小説に「第十一話 諦念」を追加しました。

次の更新で完結の予定です。

投稿者:鰹節さん サイト名:誰そ彼(サイトID:19592)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46153 投稿日時:10月19日 15時56分 投稿者:みじんこ(平面立体図) 17KB
題名:日常系Web4コマ漫画

本文: ゆったりまったり…♪
姉妹の日常4コマ漫画、お箸休め159話、160話更新しました〜!
他に、連載中の漫画、短編1つとシリアスな完結した中編が6つ、短編が5つあります♪

投稿者:みじんこさん サイト名:平面立体図(サイトID:17407)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46152 投稿日時:10月19日 06時46分 画像 ナシ
題名:★★神無月の巫女二次創作小説「禁色の圃(ほ)」 開始★★

本文: 神無月の巫女生誕15周年企画。 
いつか、どこかの、姫子と千歌音、前世の巫女ふたりのお話。
神無月の巫女二次創作小説第三弾(2008年公開作「太陽と稲穂の或る風景」)の増補改訂版。

投稿者:万葉樹(よろずは いつき)さん サイト名:陽出る処の書紀 第弐版(サイトID:19690)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46151 投稿日時:10月18日 05時28分 投稿者:鰹節(誰そ彼) 648KB
題名:offline更新

本文: スパークの新刊の委託通販を開始しました。

Web再録ナムクシャ小説に書き下ろしを加えたものになります。

<あらすじ>
クシャナの寝室に囲われていたナムリスは、体を手に入れ、再び戦乱を起こすべく、外の世界へ出ていく。
それを捉えたクシャナは公開処刑をすることになるのだが――殺伐として切ない恋の物語

投稿者:鰹節さん サイト名:誰そ彼(サイトID:19592)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46150 投稿日時:10月16日 23時47分 画像 ナシ
題名:奪還屋 長編小説 第十九部 更新しました。

本文: 「さ、さっき玲皇サンが連絡してたから、もしかしたら来てくれるかな?とは思ってたけど!!・・・って言うか、その大きなドラゴン、何!?」
「そのコは、聖羅のペットのクロドラちゃん!!かっわいいでしょおっ???そんな事より、そこ退いて!!」
 中庭で静かに『お座り』をしている蒼いドラゴンを恐る恐る見つめながら、呆然と尋ねる銀次。
 裏新宿からの客人の当然の疑問に笑顔で答え、聖羅は周囲を押し退ける。

******************************

GetBackers二次創作長編小説『闇の華』、第十九部 傀儡 第一章 第一話 〜携持〜UP。
全年齢向け・シリアス描写。戦闘あり。奪還屋メンバー(銀次)に台詞あり。

投稿者:桜樹(おうじゅ)さん サイト名:桜並木(サイトID:13050)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr

↑ このページの上部へ

記事削除投稿者が記事を削除することが出来ます

記事#  削除キー

備考

  • 記事を投稿するには……駄文同盟.comにサイトを登録している方のみ記事の投稿が可能です。あなたがサイトをお持ちでない場合/サイトを登録していない場合は投稿することが出来ません。
  • 記事を投稿する方法は……サイト情報の更新/削除と同じページにある投稿フォームより記事を投稿することが出来ます。よって投稿するには登録時のパスワードが必要となります(更新と同じ手順/参照:更新するには?)。
  • 記事を削除するには……上記の記事削除フォームより削除を行うことが出来ます。編集は行えませんので、記事を訂正したい場合は当該の記事を消したのち再度投稿しなおしてください。
  • それぞれの記事で投稿された文章及び画像は……投稿者にその著作権と使用方針があるものとし、無断で使用することを禁じます。