駄文同盟.comで検索する(ここからサイト情報を検索するとスムーズに投稿フォームへいけます)
search  

ショートカットメニュー 新着サイト更新サイトおすすめサイト提供者様サイトサイト宣伝掲示板各種最新ランキングマイリンク新規登録詳細検索ヘルプ

ページインフォメーション
ホーム → [加盟サイト掲示板] (現在地)
↓ 新規登録するには? ↓ 今日の駄文同盟.com spacer

この掲示板では駄文同盟.comの登録者さんがご自分のサイトを宣伝することが出来ます(イラスト・画像投稿可能)。記事の投稿はサイトの更新/削除のページからのみ行えます(詳しくは備考を参照してください)。

ページインフォメーション
データ

掲示板記事 駄文同盟.com加盟サイトさんの書き込み記事です

記事#:46810 投稿日時:04月04日 00時33分 投稿者:万葉樹(よろずは いつき)(陽出る処の書紀 第弐版(更新は本館にて)) 35KB
題名:★★★神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」第二十七話 更新★★★

本文: 第二十七話: おろちの勝敗 を更新しました。
     
すぐそばで甘い女の息遣いが聞こえる。鈴の音すらしないほど、静寂の世界で。
すう、とひと呼吸落として、背後に態勢を低くした巫女の、刀の柄に軽やかに手を掛けて構えの姿勢。桜いろの親指がすいと滑って鯉口が切られる数秒前──。

──しまったッ! 足をぶった斬られる! 
鎖の攻撃は前には向くが、あいにく背面には効かない。そして、残った腕を奪われると懸念して、男は肩に力を入れすぎていた。肘当てしつつ鎖を押し戻そうとしたために、脇が開いていたのだ。飛び道具を得意とする者が投擲の隙につくる死角は、剣客にとっては格好の的だった。後悔に襲われた男が振り向く前に、上体がゆらぎ、右太ももに熱い電撃の痛みが走った。

([神無月の巫女二次小説 其の一]→「夜顔」(目次)→「夜の桎」)

********    
おろちに魅入られた者の絶望に光りはあるのか。大正時代、前世の姫子と千歌音が、七の首の男と出会うお話です。(「夜顔」シリーズ十四の章)。

https://blog.goo.ne.jp/yorozu-haki

投稿者:万葉樹(よろずは いつき)さん サイト名:陽出る処の書紀 第弐版(更新は本館にて)(サイトID:19690)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46809 投稿日時:04月03日 18時35分 画像 ナシ
題名:胸キュン保証中!

本文: 青春恋愛オリジナル小説(中編・長編)を多数取り扱ってます。完結作品12作品、連載中作品現在3作品。
○太陽のデイジー第107話「自己否定」
○バイトの時間なのでお先に失礼します!第8話「清き一票をお願いします!」
○フツメンのくせに生意気だ!第3話「高飛車なお姫様になびかない彼」

投稿者:スズキアカネさん サイト名:Mountain ash(サイトID:19843)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46808 投稿日時:04月03日 15時29分 画像 ナシ
題名:galleryにイラスト追加

本文: galleryにイラストを二点追加しました。

投稿者:灰野さん サイト名:haiiro no yume(サイトID:19652)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46807 投稿日時:04月03日 13時08分 投稿者:新月語り部(鴉月鳳凰伝) 1278KB
題名:オリジナル男の子

本文: イラスト追加しました。

投稿者:新月語り部さん サイト名:鴉月鳳凰伝(サイトID:19924)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46806 投稿日時:04月02日 01時13分 画像 ナシ
題名:奪還屋 二次創作長編小説 第二弾 第二部 第五章 更新しました

本文: 「――瑠偉も大雅も揃って、合点が行かぬと言っている。玲皇に関しても、心当たりが全くない様だ。・・・さて、透真。今度の『これ』は一体、如何なる趣向の戯れだ・・・?」
 完全に静まり返っている広間の中、漆黒の虎の耳と尻尾を、酷く苛立たし気に振りながら。時雨は、実の父親――氷神財閥 総本家の、酷く傍迷惑な先代当主を睨み付ける。

******************************

GetBackers二次創作長編小説 第二弾『光の檻』、第二部 教育 第五章 第一話 〜考察〜UP。
全年齢向け・健全描写。奪還屋メンバー、モブ状態。

ふと目が覚めたら、何故か幼児化していた上、黒い豹の耳と尻尾まで生えてしまっている現状に、原因が全く判らない所為で激しく混乱する、不良外科医こと玲皇。
一方、矢張り半幼獣化してしまっている時雨・大雅・瑠偉は、原因を突き止めようと、他の家族や奪還屋メンバー達に心当たりを尋ねてみるが・・・。

投稿者:桜樹(おうじゅ)さん サイト名:桜並木(サイトID:13050)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46805 投稿日時:03月31日 14時31分 画像 ナシ
題名:吸血鬼と人間の短編更新

本文: 3/31 お題を用いた短編集「Story with Vampire」『Familiar』をアップしました。

――僕は人を殺した罪で追放される、らしい。
“らしい”というのは、僕には全く覚えがないからだ。――

自分を騙して襲った吸血鬼が死んでいた。殺人の疑いをかけられ街を追放されたアンラニルはを救ったのは……。

どうぞお立ち寄り下さい。

投稿者:リュカさん サイト名:創作小説 翠玉館(サイトID:5753)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46804 投稿日時:03月29日 20時27分 投稿者:ももしろ(Rom) 709KB
題名:イラスト更新

本文: キャラクター紹介ページを追加しました。
イラストも少しずつ更新しております。

投稿者:ももしろさん サイト名:Rom(サイトID:19940)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46803 投稿日時:03月29日 12時56分 画像 ナシ
題名:奪還屋 二次創作長編小説 第二弾 第二部 第五章 更新しました。

本文: 「如何な貴君の妹と言えど、ヒサメは既に我が伴侶。――この様に下らぬ戯れで惑わすなど、よもや俺に本気で滅ぼされたいか、妖よ・・・」
「まぁまぁ、落ち着きなさいよ、魔王・・・っそんな、怒らなくたって良いじゃないっ?時雨サンだって、こんな結果になっちゃうなんて、まさか最初から予想してた訳じゃないだろうし・・・っっっ」
 酷く焦れた様子で機嫌を損ね始めている魔王を、慌てて宥め。周囲の一同を代表する様に、HEVNが国王陛下へ、そっと視線を向ける。

******************************

GetBackers二次創作長編小説 第二弾『光の檻』、第二部 教育 第五章 序 〜困惑〜UP。

全年齢向け・シリアス描写。奪還屋メンバー(HEVN)に台詞あり。

妖虎族の国<ティグルディア>の王城、広間での裁判中に錯乱してしまった不良外科医。
その制止の為、自ら立場が悪くなる事を覚悟の上で、『先祖返り』を押さえ付けている<不可視の魔術>を無効化した、国王陛下こと3大名家の和装の<御前>殿、時雨。
しかし、その決断が、予想外の事態を引き起こしてしまい――。

投稿者:桜樹(おうじゅ)さん サイト名:桜並木(サイトID:13050)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46802 投稿日時:03月27日 22時53分 画像 ナシ
題名:奪還屋 二次創作長編小説 第二弾 第二部 更新しました。

本文: 「――だから、言っただろう!!玲皇様は、完全に錯乱してしまっているのだと!!」
 完全に静まり返った広間の中、力なく座り込んでいた床から、ふらりと立ち上がり。
 銀髪・銀瞳・長身の女性の姿を纏っている一角獣、ビアンカ=イスマールは。まるで勝ち誇ったかの様に、大きな笑い声を上げる。

******************************

GetBackers二次創作長編小説 第二弾『光の檻』、第二部 教育 幕間4 〜選択〜UP。

全年齢向け、戦闘描写。奪還屋メンバーはモブ。

広間での一角獣の公式裁判の最中、錯乱した不良外科医を止めようとする周囲。

投稿者:桜樹(おうじゅ)さん サイト名:桜並木(サイトID:13050)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr
記事#:46801 投稿日時:03月27日 09時42分 画像 ナシ
題名:終焉と奴隷の脱却譚+1

本文: 仲秋の名月1
https://nanos.jp/nerine85/novel/18/73/
秋らしいことをするターンです。短めです

投稿者:小雀黎さん サイト名:ネリネの咲く丘にて(サイトID:19737)
マイリンクに登録する 詳細なデータを見る
hr

↑ このページの上部へ

記事削除投稿者が記事を削除することが出来ます

記事#  削除キー

備考

  • 記事を投稿するには……駄文同盟.comにサイトを登録している方のみ記事の投稿が可能です。あなたがサイトをお持ちでない場合/サイトを登録していない場合は投稿することが出来ません。
  • 記事を投稿する方法は……サイト情報の更新/削除と同じページにある投稿フォームより記事を投稿することが出来ます。よって投稿するには登録時のパスワードが必要となります(更新と同じ手順/参照:更新するには?)。
  • 記事を削除するには……上記の記事削除フォームより削除を行うことが出来ます。編集は行えませんので、記事を訂正したい場合は当該の記事を消したのち再度投稿しなおしてください。
  • それぞれの記事で投稿された文章及び画像は……投稿者にその著作権と使用方針があるものとし、無断で使用することを禁じます。